かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

一利一害(いちりいちがい)

f:id:KAERUSAN:20170731184354j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 今回は一利一害(いちりいちがい)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 良いこともあれば、悪いこともある、と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 字のまんまだね、一利一害ってことだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain でも、元の意味は違うんです。一利を興すは、一害を除くにしかず、一事を生かすは一事を省くにしかず、と言う言葉がもとです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 新しく利益のあることを始めるより、害を減らした方がいい、ってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain そうです、ジンギスカンの部下だった耶律楚材(やりつそざい)の座右の銘だったそうです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain お、ジンギスカンが、とても信頼していた「長ひげ先生」だね!小説で読んだ!カッコイイよね!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain まあ、実際には、あまり資料が無いのですが、小説の中ではカッコイイですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191411g:plain またロマンの無いことを、歴史好きも一利一害だな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 出典は「元史」でした。