かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

一進一退(いっしんいったい)

f:id:KAERUSAN:20170824201441j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 今回は一進一退(いっしんいったい)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 進んだり戻ったりすること、作業などが進んだり、停滞したりすること。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 意味はわかるけど、実際にはどんな感じかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 実際に、一進一退って言うと、軍隊の進軍とかですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain あー、戦って進んだり、敵に押し戻されたり、ってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 日常的には作業の進捗状態などでしょうか。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain あー、プログラム製作とかだったら、進んだり、バグで作り直しになったりとか。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 言いかえれば、上手くいっていないけど、やめていない状態と言う言い方も出来ますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 一進一退、人生だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807160729g:plain なるほど、そうかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 元々は、一進一退、一左一右、(フラフラと)していたら、どんな素晴しい名馬に乗っていても、目的地に着くことは出来ない、という意味でした。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170509g:plain 全然意味違うじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain まあ、字のイメージだけで変わってしまうものなんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 今は、苦労しても、失敗しても、がんばってる感じだけど、元はフラフラしてる感じだったとは言え、今はフラフラの意味では使わないほうがいいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 伝わらないでしょうね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 出典は「荀子」でした。