かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

千載一遇(せんざいいちぐう)

f:id:KAERUSAN:20170501143730j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain 今回は千載一遇(せんざいいちぐう)です。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211440g:plain 千年に一回のチャンス、そこから、もう二度とないような、めったに無いチャンスのことだね。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain そうです、そのとおりです。

 

f:id:KAERUSAN:20161231201012g:plain でさ、載って、のせる、って意味だよね、荷物を載せる、とか、文章を載せる、とか。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain そうですね、あと、数字の単位でも有りますね、大きすぎて使いませんが、そして、千載一遇の載は、年って意味です。だから、千載=千年なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211432g:plain 昔の統一前の中国では、周の国では「年」、虞の国では「載」、殷の国では「祀」、を使っていたそうです。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211440g:plain じゃあ、ただ単に千載は千年なのか、スッキリだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170106223449g:plain チャンスはなかなか来ないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170106202709g:plain チャンスは来ていても、準備と覚悟をしておかなくてはナカナカつかめませんよ。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain 出典は「文選」でした。