かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

咳唾成珠(がいだせいじゅ)

f:id:KAERUSAN:20170619233822j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain 今回は咳唾成珠(がいだせいじゅ)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain ちょっとした一言などでも珠のように素晴しい、と言う、詩などの才能をほめる言葉、咳払いや、唾にいたるまで恐れられるほどの権力、勢いと言う意味、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 2つの意味が全く違うじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain 言葉は同じなんですが、使った人が違う意味で使ったんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain よく調べて使えよ。もー、だから同じ言葉に色々な意味が付いちゃうのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191411g:plain 昔の人だと意味が増えて、今の人だと、間違えて使っている、って言われるのは納得行かんな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 時間が流れて定着したら、正解なんですよね。今も言葉は変わり続けていますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain それにしても、咳払い1つでビビるほどエライのは判るけど、唾(つば)ってなんだい?本当に唾かけちゃうの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181723g:plain 咳唾(がいだ)って言うのは、そのまま咳と唾と言う意味と、目上の人の言葉を指す意味があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain へー。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 出典は「後漢書」「晋書」でした。