かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

尾生之信(びせいのしん)

f:id:KAERUSAN:20170904203603j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 今回は尾生之信(びせいのしん)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 融通の利かない頑固者、信義を絶対守ること。

 

f:id:KAERUSAN:20170807154808g:plain ???、しっぽが、生なの?

 

f:id:KAERUSAN:20170807170347g:plain 尾生(びせい)は男の名前です。女性と橋の下でデートの待ち合わせをしたのですが、男は約束より早く来て待っていたのですが、橋の上流で、洪水が起こり、水流が襲ってきたのですが、男は約束だからと、その場で待とうと、橋の柱にしがみついていたのですが、最後は溺れて死んでしまいました。おしまい、と言う話です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170852g:plain ばかだなー、命を大切にしなさいよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain そう思う人にとっては、尾生之信は、融通の利かない愚か者のことですね。でも、約束を命をかけて守ろうとした、から立派だと言う人にとっては、信義を守る素晴しいことだ、と言うことになります。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 結局、どっちが正しいの?

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain いや、意味は同じで、評価が分かれているだけですから。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170509g:plain じゃあ、どっちでもいいのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170347g:plain でも、融通の利かない愚か者、と言う意味合いがあるから、ほめ言葉として使うのはどうかと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170509g:plain たしかに、にわとりさんは、命を大切にして欲しいから、尾生之信は行きすぎだと思う。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 出典は「荘子」でした。