かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

斗南一人(となんのいちにん)

f:id:KAERUSAN:20170807175014j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 今回は斗南一人(となんのいちにん)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 一番優れた人、一番優れた賢者、第一人者。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 一番って大きく出たね、使いにくいよ、ほめるにしてもお世辞っぽくなっちゃう。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain にわとりさんは斗南一人ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172914g:plain わかってるねぇ~☆

 

f:id:KAERUSAN:20170807170724g:plain 効果あるじゃないですか。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 元は、天下第一の賢者という意味で使われました。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 斗南って何?

 

f:id:KAERUSAN:20170807165928g:plain 北斗七星より南、と言う意味で、転じて天下をさす言葉です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain そこで一番ってことか。たしかに、第一人者的な意味で使うのが良さそうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain そうですよね、一番優れている人、なんて使い方はちょっとねぇ。まあ、すごい人的なほめ言葉ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 出典は「新唐書」でした。