かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

明哲保身(めいてつほしん)

f:id:KAERUSAN:20170429153255j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 今回は明哲保身(めいてつほしん)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 明哲保身(めいてつほしん)頭のよい人は、危険をさけ身を守ることが出来る、ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 頭のいい人は上手く立ち回って身を守るってことかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そうですが、本来の意味はニュアンスが違うんですよ、なんかそう、ずるいイメージじゃなくて、きちんとした人は、ってイメージで思ってもらった方が近いんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain でも、上手く自分だけ助かるやつ、みたいな意味でも使っていいの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 今はその使い方でも間違いとは言えないようです。ただ元々は、ほめ言葉でしかなかった、と言うことは覚えておいてください。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain でも、誤解を受けたら損だから、けなす時に使って、相手が怒ったら、ほめ言葉なんだよ!って教えてごまかそう。頭いいってことよ、って。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 出典は「詩経」でした。