読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

有頂天外(うちょうてんがい)

f:id:KAERUSAN:20170429152853j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 今回は有頂天外(うちょうてんがい)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 我を忘れて喜ぶこと。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 有頂天になる、って良く言うけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain その有頂天より更に上、ということで有頂天外なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 仏教の言葉で、欲界(よっかい)、色界(しきかい)、無色界(むしきかい)を三界と言います。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain その最高の無色界の中でも最高の、非想非非想天(ひそうひひそうてん)のことを、有頂天と言うのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain じゃあ、有頂天で、すでに最高なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180108g:plain そうですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain じゃあ、外、は今風に言えば、超、みたいなもんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうですね、ただ元々は、この無色界は、欲望も、物欲もなく、我も忘れる世界ですから、喜んで我を忘れる、のとは少し違いますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain でも、今は、超嬉しい、って意味でいいんでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうです、かまいません。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 出典はわかりません。