かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

灯火可親(とうかかしん)

f:id:KAERUSAN:20170428103544j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 今回は灯火可親(とうかかしん)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 初秋の涼しい夜は読書をするに良い、という意味と初秋を指す言葉です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain ともし火で夜はわかるけどさ、読書とかは?親しむ、は入っているけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 元は詩なんです。兵隊で終わる人もいれば、えらくなる人もいる、その差はやっぱり学問だ、だから、初秋の今こそ、ともし火の元で読書をしなさい、みたいな詩なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 暑い夏に勉強は辛いよね、そして涼しい秋には美味しいものを食べたいので本を読んでいるヒマは無い。

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain まあ、そういわず読書をして下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 一兵卒か、えらくなるか、それは学問の違いだ、ってなんか聞いたことあるな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 福沢諭吉の学問のススメの冒頭で、人は平等っていうけど、ウソだよね、学問で差が付くのよ、って言っていますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain もちろんそうだけど、それを言ったら経済力も大きいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain そうですね、でも、それが全てではありませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 出典は韓愈の詩「符読書城南」でした。