かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

量才録用(りょうさいろくよう)

f:id:KAERUSAN:20180509230843j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180407154520g:plain 今回は量才録用(りょうさいろくよう)です。

 

f:id:KAERUSAN:20180407154520g:plain 人の能力をしっかり見定めて、適した所にもちいる、と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20180407160235g:plain 適材適所(てきざいてきしょ)だ。

 

f:id:KAERUSAN:20180407162211g:plain まあ、そうですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180407161019g:plain 元は蘇軾(そしょく)が皇帝に書いた文章が初めです。毛沢東や太平天国の指導者の1人洪仁玕(こうじんかん)なども使っています。

 

f:id:KAERUSAN:20180407161824g:plain へー。でも量才録用(りょうさいろくよう)もう忘れそう。

 

f:id:KAERUSAN:20180407154520g:plain 出典は蘇軾(そしょく)「上神宗皇帝書」でした。

今日は 言語能力の使い場所 「格式」から天秤座を考える ぜひご覧ください~☆

www.kaerusan01.com