かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

老而好学(おいてがくをこのむ)

f:id:KAERUSAN:20170511004859j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20160107070206g:plain 今回は老而好学(おいてがくをこのむ)です。

 

f:id:KAERUSAN:20151218100110g:plain 意味はいくらなんでも判るわ。歳をとっても、お勉強が好き♪って事だ。

 

f:id:KAERUSAN:20151110105257g:plain おお、いい線ですが、年をとったから、学ぶに遅い、と言うことはなく、いくつになっても学ぶことは大切だ、という意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20170106202709g:plain 出典ではありませんが、後の時代に、三国志の曹操もこの言葉を使っています。

 

f:id:KAERUSAN:20151218100110g:plain おお!三国志の曹操!大好きだわ!

 

f:id:KAERUSAN:20151218100100g:plain でも、出ているのは「三国志」の呉の国の部分です。

 

f:id:KAERUSAN:20151110105329g:plain なんで?曹操は魏の人じゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20151110105311g:plain 呉の孫権が、部下の呂蒙に、お勉強しなさい。って注意したところ、呂蒙が、そんなヒマ無いよ。って答えたのですが、きちっと勉強しないと、立派な武将になれないぞ、曹操も老而好学(おいてがくをこのむ)って言ってますよ。って言った所、呂蒙はとっても一生懸命勉強して、立派な武将になったのでした。有名な蜀の武将、関羽を倒した武将ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20151110105329g:plain 知ってる。関羽好きだもん。

 

f:id:KAERUSAN:20151218100100g:plain 出典は「説苑」でした。