かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

画蛇添足(がだてんそく)

f:id:KAERUSAN:20170508013105j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20160411151358g:plain 今回は画蛇添足(がだてんそく)です。

 

f:id:KAERUSAN:20160411151445g:plain 蛇の絵に、足を描いちゃう、余計なことをする、という意味だね!

 

f:id:KAERUSAN:20160411151358g:plain 全くその通りです。略して蛇足(だそく)ともいいますね。

 

f:id:KAERUSAN:20160411151445g:plain そっちの方が有名だね。だいたいなんで蛇の絵にあしなんて描いちゃったの?

 

f:id:KAERUSAN:20160411151358g:plain お酒がちょっと余分にあったので、蛇の絵を最初に描いた人がのんでいい事にしましょうって、したところ、最初に描き終わった人が、つい時間があまったので、足を書いたところ、他の人に、蛇には足なんか無いから、とお酒を取られてしまった。というお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20160411151445g:plain よけいな事したねぇ。

 

f:id:KAERUSAN:20160411151358g:plain 出典は「戦国策」でした。