かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

地雷復(ちらいふく)三爻

地雷復 三爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「地雷復(ちらいふく)」三爻です。

地雷復 三爻

 「地雷復(ちらいふく)」の卦辞は「亨 出入无疾 朋来无咎 反復其道 七日来復 利有攸往」とおる でいりやまいなく ともきたりてとがなし そのみちをはんぷくし なのかにしてらいふくす ゆくところあるによろし。です。「山地剥」で余分なものがはがされ、新たな「雷」が「地」の下に生まれます、回復、新たな出発の時です。

 

 「七日来復」は、「十二消長卦(じゅうにしょうちょうけ)」と呼ばれる卦の「陽」の「乾為天」の次から「地雷復」までの7つの行程を意味しています。「乾為天」から「天風姤、天山遯、天地否、風地觀、山地剝、坤為地」を経て「陽」が減少し「地雷復」で「陽」の回復が始まることを意味します。

 

 三爻は「頻復 厲无咎」しきりにかえる あやうけれどもとがなし。

 

 どういう感じなの?

 

 「三爻」は、新しく決めた正しい道に帰りたいけれども迷う、ようなイメージですが、これはすぐには上手く行かないけれども、何度も挑戦すること、それは帰ろうとして起こることだから「あやうけれども咎无」ということです。

 

 簡単に上手く行かないのは仕方ない、ってことなんだね。

 

 そうです「三爻」は「陽位」に「陰」で位、不正です。力強く頑張ろうとするけれども今一歩弱い、感じです。

 

 

 そして比せず、(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)「上爻」と応じてもいません、無意識でもある「上爻」に応じていないため、迷うのも仕方ない、と言えますね。

 

 

 なるほど、完全に諦めないことで、努力を続けることで「咎无」ってことなんだね。

 

 そういうことですね。

 

 出典は「易経」でした。