かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

地雷復(ちらいふく)二爻

地雷復 二爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「地雷復(ちらいふく)」二爻です。

地雷復 二爻

 「地雷復(ちらいふく)」の卦辞は「亨 出入无疾 朋来无咎 反復其道 七日来復 利有攸往」とおる でいりやまいなく ともきたりてとがなし そのみちをはんぷくし なのかにしてらいふくす ゆくところあるによろし。です。「山地剥」で余分なものがはがされ、新たな「雷」が「地」の下に生まれます、回復、新たな出発の時です。

 

 「七日来復」は、「十二消長卦(じゅうにしょうちょうけ)」と呼ばれる卦の「陽」の「乾為天」の次から「地雷復」までの7つの行程を意味しています。「乾為天」から「天風姤、天山遯、天地否、風地觀、山地剝、坤為地」を経て「陽」が減少し「地雷復」で「陽」の回復が始まることを意味します。

 

 二爻は「休復 吉」よくかえる きち。

 

 どういう感じなの?そんないい感じなの?

 

 「地雷復」は一回全て陰になったところからようやく「一陽」が生まれたイメージです、その意味で、大きな転換点と言えます。逆に全てが陽だった、所から陰が発生すると大いに不満なのが人の性です。

 

 なるほど、たしかに人ってそうかも。

 

 そういうことをしっかりとしたデジタルデータ、要するに「陰陽」で考えるのが易なのです。

 

 じゃあ、「新しい希望」が生まれた、そんなイメージが「地雷復」にはあるわけだ。

 

 「二爻」は「陰位」に「陰」で位正しいです。

 

 

 「五爻」に応じてはいませんが、やっと目覚め始めた「初爻」と比していることが大きいです。「三爻」に比していないことは、慌てていないとも取れます。(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)

 

 

 なるほど。全体の流れも大切なんだね。

 

 そして「二爻」は常に「中」を得ています、このことは常に重要でバランスを取ろうとするイメージです。

 

 「よくかえる」が「休復」って書いてあるけど、「休」って、休んじゃうんじゃないの?

 

 しっかりと休むことはこれから頑張るのにとても大切です、それが慌てない姿勢とも言えます。「休う(憩う:いこう)」とも読みます。

 

 「休」と言う字は「人」が「木陰」で休むイメージです、これは「日の光をよける」「太陽」の光を遮断するイメージを「慌てずしっかり力を付ける」という意に取るのは、世界で多くの象徴に見られる表現です。

 

 なるほどね。

 

 出典は「易経」でした。