かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

山地剥(さんちはく)五爻

山地剥 五爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「山地剥(さんちはく)」五爻です。

山地剥 五爻

 「山地剥(さんちはく)」の卦辞は「不利有攸往」ゆくところあるによろしからず。「山火賁」で飾った後は、「剥」で剥がれ落ちる。「陰」が多いことから、自分の思いではなく、やるべきことをやることで自分の弱点、問題点が浮上します、そして、生まれ変わる、大きい変化の時を迎えます、君子は輿を得、小人は盧を剥します。嫉妬され命を狙われるようなイメージもあります。

 

 五爻は「貫魚 以宮人寵 无不利」うおをつらぬく きゅうじんのちょうをもってす よろしからざるなし。

 

 どういう感じなの?

 

 「貫魚」は、きちんと並んでいるイメージと、紐に通した硬貨のイメージもあります。しっかり並んで偉い人に大切にされる、養われるイメージです。

 

 「五爻」は「尊位」であり「中」を得ています。バランスを取ることで結果を出すイメージもあります。そして「上爻」に比していることも重要です。

 

 上とつながる、媚びる、イメージ、無意識や未来のために努力する、導かれているイメージなども含みます。

 

 

 何だか難しいな。

 

 どちらにしても「上爻」比しています、生まれ変わろうとしているのです。それは「死ぬ」と言う意味です。

 

 なるほど。順番待ち、上に可愛がられる、などもそうやってつながっているのか。でも、下の卦とはつながってない、応じていないんだね。

 

 

 そういうことです。

 

 出典は「易経」でした。