かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

山天大畜(さんてんたいちく)三爻

山天大畜 三爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「山天大畜(さんてんたいちく)」三爻です。

山天大畜 三爻

 「山天大畜(さんてんたいちく)」の卦辞は「利貞 不家食吉 利渉大川」ていによろし かしょくせずしてきちなり たいせんをわたるによろし。です。

 

 ひとつ前の「天雷无妄」で、みだらさの無い気持ちで頑張ってきたので、今度は蓄積していくイメージです。「家食せず」は立派になったら、家から出て外で役に立つことが良い、と言っています。

 

 「大畜」は、能力とか、知識を蓄える、って意味もあるんだね。

 

 三爻は「良馬遂 利艱貞 日閑輿衛 利有攸往」りょうばをおう かんていによろし ひびよえいをならう ゆくところあるによろし。

 

 どういう感じなの?

 

 「三爻」は「四爻」と比しています、「上卦」につながっている、ということです、(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)しかし「上爻」に応じてはいませんので、困難に備え、しっかり馬車の乗り方を学んでいれば進んでも良い、と言っています。

 

 

 そして「陽位」に「陽」ですから、力強さもあります、から自分の強い気持ちである「下卦」の「乾」から「上卦」の「艮(ごん:やま)」を登り始める準備が出来ているのなら進むのが良い、と言っています。

 

 「上爻」に応じていませんから、自己判断が必要なイメージですね。

 

 なるほど。

 

 出典は「易経」でした。