かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

山天大畜(さんてんたいちく)四爻

山天大畜 四爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「山天大畜(さんてんたいちく)」四爻です。

山天大畜 四爻

 「山天大畜(さんてんたいちく)」の卦辞は「利貞 不家食吉 利渉大川」ていによろし かしょくせずしてきちなり たいせんをわたるによろし。です。

 

 ひとつ前の「天雷无妄」で、みだらさの無い気持ちで頑張ってきたので、今度は蓄積していくイメージです。「家食せず」は立派になったら、家から出て外で役に立つことが良い、と言っています。

 

 「大畜」は、能力とか、知識を蓄える、って意味もあるんだね。

 

 四爻は「童牛之牿 元吉」どうぎゅうのこく げんきち。

 

 どういう感じなの?

 

 「四爻」は「初爻」と応じています。しっかり力を付けるべき「山天大畜」ですから、「四爻」が「初爻」をしっかり抑え、導くイメージです。

 

 

 幼い牛が自分で自分を傷つけないよう、人様を傷つけないように導くわけです。

 

 だから「元吉」なんだね。

 

 そして「四爻」は陰位に「陰」で位正しいです。これによって、適性で良いつながりを築くイメージです。

 

 

 そして、さらに「下卦」の「三爻」と比していますから、「下卦」の「乾」を上手に導くのが「元吉」なのです。

 

 なるほど。「応じてる」ってこういうイメージなんだね。

 

 出典は「易経」でした。