かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

澤風大過(たくふうたいか)二爻

澤風大過 二爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「澤風大過(たくふうたいか)」二爻です。

澤風大過 二爻

 卦辞は「棟撓 利有攸往 亨」むなぎたわむ ゆくところあるによろし とおる。とあります。「山雷頤」でしっかり成長した後だからこそ限界に挑戦します。

 

 そして「澤風大過」は「下卦」が成長を意味する「木」「風」である「巽(そん)」そして「上卦」が「沢」「沼」を意味する「兌(だ)」です、沼の下にある木、ということで沼で腐ってしまわないよう奮起する木なのです。

 

 いや、腐っちゃうでしょ。大変そうだなー。

 

 「山雷頤」で成長していなければ腐ってしまうでしょう。それが「澤風大過」です。

 

 「二爻」は「枯楊生稊 老夫得其女妻 无不利」こようひこばえをしょうじ ろうふじょさいをう よろしからざるなし。

 

 どういう感じなの?

 

 「」は「セイヨウハコヤナギ」「ネコヤナギ」など「ヤナギ」を指します。「ネコヤナギ」には「ネコネコ」「イヌコロ」「ベコベコ」など、猫、犬、牛を連想さえる名前です。能動性の猫、従順に役目を果たす犬、自分そのものである牛のイメージと取れば、そこに、新しい芽が芽生えるイメージです。

 

 「ネコヤナギ」は水際に生育し、株元は水に浸かる所で育ちます。

 

 へー、澤風大過っぽいな。

 

 逆に言うと「ネコヤナギ」でないと腐ってしまうとも考えられます。

 

 そして、「ハコヤナギ」は「箱」を作ったことでそう呼ばれています、

 

 「二爻」は「中」を得ています。

 

 バランスを取るイメージだね。

 

 それによって「年取った男性(能動的)」が「若い女性(使命)」を得る、と言ってますから「新しい使命」を得る、と言うイメージですから、目標のバランスを取るイメージです。

 

 「二爻」は「陰位」に「陽」で位、不正です。しかし、大変中での強さ、ですから、上手にバランスとれば「よろしからざるなし」です。

 

 そして「二爻」は「初爻」に比していますので(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)初心とつながっているとも言えます、慎重さですね。

 

 「五爻」とは応じていませんので、自力で何とかしようとするイメージでもあります。

 

 

 「五爻」も「陽」だからだね。

 

 出典は「易経」でした。