かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

火雷噬嗑(からいぜいごう)四爻

火雷噬嗑 四爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「火雷噬嗑(からいぜいごう)」四爻です。

火雷噬嗑 四爻

 「火雷噬嗑」の卦辞は「亨 利用獄」とおる ごくをもちいるによろし。です。「噬嗑」と言うのは適合させる、すり合わせる、意味があります、「罪」と言うのは「やりたいこと」に対する想いでもあるので、これを解消するために適合させないといけません。時には直接「罪」の意味で解釈することも有ります。

 

 「獄」を用いる、と言うのは辛さに耐える、耐えさせられる、ことで目標に向かう成長を得るイメージでもあるのです。

 

 四爻は「噬乾胏 得金矢 利艱貞 吉」かんしをかみ きんしをう かんていによろし きち。

 

 どういう感じなの?

 

 「乾胏(かんし)」は「三爻」の「腊肉」より堅く、、さらに「骨付きの肉」です。食べにくいですが、苦労することで「金矢」を得る、弓は虹、目標と対応する象徴で、苦労したおかげで良い目標を得る、と言うことが出来ます。

 

 「四爻」は「上卦」の「離」に入ってきたので目標に向かって行動するイメージがあります。

 

 そのために苦労が必要、ってことか。

 

 火雷噬嗑は目標に向かって問題点を見つけて解決方法を見つけてクリアしていくイメージです。それを「やらないといけないこと」として「罪」というテーマで語っています。

 

 なるほど。

 

 「四爻」は陰位に「陽」で位、不正です、さらに「初爻」と応じてもいません。

 

 

 しかし、「五爻」「三爻」と比しています。(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)

 

 じゃあ、周りと上手くつながることが大切なのかな。

 

 そうですね、そして大変だからこそ見つけたものを「金矢」と気付くかも重要ですよね。「肉を食べる」という言い方からして「成長する」イメージとつながっていることも重要なイメージです。

 

 成長する努力をすることで目標を見つける、って感じなんだね。

 

 出典は「易経」でした。