かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

一触即発(いっしょくそくはつ)

f:id:KAERUSAN:20170429231611j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain 今回は一触即発(いっしょくそくはつ)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain 何かが起こったら大変なことになりそうな緊張した状態のこと、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain ちょっと大げさな感じだけど、文字のまんまだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain そうですね、出典は「原生堂記」というのですが、書いたヒトは、李開先(りかいせん)というヒトで、お役人だったのですが、詩や、舞台のお話を書きました。

 

f:id:KAERUSAN:20170214152354g:plain あーだからか。なんか派手な演出を感じる言葉だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154109g:plain 有名な「金瓶梅(きんぺいばい)」の作者は不明というのが定説ですが、文章内に、李開先(りかいせん)の文章がそのまま使われている、という理由で、もしかしたら、「金瓶梅」の作者かも、と言われています。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain 「金瓶梅」って「水滸伝」のスピンオフでしょ?読んだこと無いけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154109g:plain とはいえ、健全な青少年育成の見地からお勧め出来ない内容ですから、虎殺しの武松(ぶしょう)がよっぽど好きなヒトは読めば良いんじゃないでしょうか。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain なんだ、戦わないのか、じゃあ、いいや。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain 出典は「原生堂記」でした。