かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

老子の「四字熟語」で自分を見直してみる

f:id:KAERUSAN:20180821191214j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180807235437g:plain このページは「老子」の記事一覧です。

 

f:id:KAERUSAN:20180808203238g:plain 「老子」は、古代中国の春秋時代の人物、李耳(りじ)の書いた書籍、のことを指します。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain 老子は、あれもこれも要らない、学ぶのも良くない、そのままで良い、「無為自然(むいしぜん)」の思想だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain そうですね。しかし、本当にいたのかも疑問視する意見もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain 「無為自然(むいしぜん)」あるがままに生きることの重要性を説いているので、現代の結果主義の社会に疑問を持つ人にも愛読者が多いのですが、

 

f:id:KAERUSAN:20180724112326g:plain 没落貴族に対し、諦める、気にしない、と言う視点を提供するべくして書かれた一面もあるためと思われます。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain ダメでも良いじゃん、って言う需要が先かもしれないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain 「道(タオ)」と言う真理を尊ぶ思想で、民間信仰と融合する形で「道教」の祖と言う見方もされます。

鶏犬相聞(けいけんそうもん)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

大国下流(たいこくかりゅう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

長生久視(ちょうせいきゅうし)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

深根固柢(しんこんこてい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

多言数窮(たげんすうきゅう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

報怨以徳(ほうえんいとく)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

師資相承(ししそうしょう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

有無相生(うむそうせい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

無用之用(むようのよう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

大巧若拙(だいこうじゃくせつ)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

功成名遂(こうせいめいすい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

天網恢恢(てんもうかいかい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

大器晩成(たいきばんせい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

知足者富(たるをしるものはとむ)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典についても会話形式で判りやすく説明します。

数車無車(くるまかぞうればくるまなし)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典についても会話形式で判りやすく説明します。

滌除玄覧(げんらんをてきじょす)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典についても会話形式で判りやすく説明します。

知止不殆(ちしふたい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典についても会話形式で判りやすく説明します。