かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

三国志の「四字熟語」 乱世の格言を考える

f:id:KAERUSAN:20180830165850j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180807235437g:plain このページは「三国志」の記事一覧です。

 

f:id:KAERUSAN:20180804215233g:plain みんな大好き!三国志だね!!にわとりさんは関羽が好き!

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain そうですね、かえるさんも関羽好きです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain 桃園の誓い、から始まるから、蜀(しょく)の劉備が主役かな?

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain それは三国志ではありません、三国演義です、中国古典文学作品であって歴史書ではありません。桃園の誓いは歴史書には出ていません。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain あら、そうなの?

 

f:id:KAERUSAN:20180724113216g:plain 三国演義は、元の末から明の時代に成立しましたから、武将の鎧なども派手でカッコいいですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112711g:plain 桃園の誓いや、貂蝉(ちょうせん)、落鵬坡(らくほうは)が出てきたら、歴史作品ではありません。落鵬坡(らくほうは)と言う地名は三国演義の話がもとになって後から付けられたものです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724203528g:plain 歴史のゲームに必ずって言っていいほど貂蝉(ちょうせん)は出てくるでしょ!

 

f:id:KAERUSAN:20180724113454g:plain それは古典文学作品のゲームです、断じて歴史ゲームではありません。「水滸伝」と同じです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain じゃあ、三国志は歴史書なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180807235437g:plain そうです、中国の正統な歴史書で二十四史の1つです。「魏史」「呉史」「蜀史」が独立した形になっているのも特徴です。

 

f:id:KAERUSAN:20180724160911g:plain 一般的には当然「魏」が正統な扱いを受けているということになっていますが、「蜀」に対しても、漢の系統と扱っていると見る見方もあるようです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113126g:plain 三国志を書いた陳寿(ちんじゅ)は蜀の人でしたし。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112711g:plain ちなみに、陳寿は自分の父を罰した諸葛亮を恨み、悪く書いた、と言う見方もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20180807235526g:plain 歴史書なのに!!

 

f:id:KAERUSAN:20180807235437g:plain こちらも~☆

www.kaerusan01.com

落筆点蠅(らくひつてんよう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

言笑自若(げんしょうじじゃく)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

恩威並行(おんいへいこう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

昼夜兼行(ちゅうやけんこう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

雲中白鶴(うんちゅうはっかく)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

衆寡不敵(しゅうかふてき)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

君臣水魚(くんしんすいぎょ)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

髀肉之嘆(ひにくのたん)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

白眉最良(はくびさいりょう)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

刮目相対(かつもくそうたい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典等についても会話形式で判りやすく説明します。

三顧之礼(さんこのれい)

言葉の意味だけでなく、ニュアンス、出典についても会話形式で判りやすく説明します。