読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

人海戦術(じんかいせんじゅつ)

その他

f:id:KAERUSAN:20170228165205j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain 今回は人海戦術(じんかいせんじゅつ)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain たくさんの人数で、目的を達成するやりかた、たくさんの人数で敵軍を粉砕する戦術のこと、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170214152354g:plain まあ、仕方の無いこともあるだろうけど、なんとなく頭悪い感じだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain 人海戦術は、英語では、Infiltration Tacticsと言います。直訳すると、浸透戦術ですね。第一次世界大戦の時にドイツが使った戦術で、短期に集中的に砲撃をして、混乱させ、弱い所を大量の歩兵で、崩壊させる戦術です。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain なんだ、けっこう頭いい感じだね。なんて言うか、第二次世界大戦の時の、ドイツの電撃戦みたいだね。空爆でめちゃくちゃにして、戦車で進撃する、みたいな。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain そうですね、第二次世界大戦の時のドイツは、電撃戦で多くの国を短期間で占領したわけですが、その元とも言えるかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain なんか、人海戦術って、ただ人数で何とかするってイメージだけど、元になった戦術は違うんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154109g:plain そうですね、そう考えると、日露戦争の時の二〇三高地での日本軍が人海戦術のイメージですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain とにかく人数で押し切る、みたいな。でもそう考えると、人海戦術のInfiltration Tacticsという翻訳が怪しいような。

 

f:id:KAERUSAN:20170214153855g:plain しかし、人海戦術と言う言葉は、中国の毛沢東が作った言葉という説もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain それは、人数で押し切るような雑な戦術なの?

 

f:id:KAERUSAN:20170214154109g:plain とんでもありません、毛沢東は、浸透戦術とゲリラ戦術を巧みに操る指揮官でした。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain だとしたら、翻訳は問題ないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170214153855g:plain ただ、冷戦時代は、中国やソビエトの、歩兵を巧みに使うやり方を、能力を人数で補っている、というようなイメージで、我々西側陣営では宣伝されていた部分もあるかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170214154404g:plain なるほどね、納得した。

 

f:id:KAERUSAN:20170214145718g:plain 出典はわかりません。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainプライバシーポリシー

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainお問い合わせフォーム

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain星占いらぼらとりー12星座まとめ

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainかえるさん ブログ・自己紹介・メール占い(FC2)