かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

切歯扼腕(せっしやくわん)

f:id:KAERUSAN:20170430212856j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170106202709g:plain 今回は切歯扼腕(せっしやくわん)です。

 

f:id:KAERUSAN:20161231201012g:plain 切歯扼腕???全く判らないな。

 

f:id:KAERUSAN:20170106222315g:plain 歯ぎしりをして、腕を組んで悔しがる意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20170115024502g:plain 腕を組んで悔しがる?

 

f:id:KAERUSAN:20170109194019g:plain 秦王、政(せい)(のちの始皇帝)が、皇帝になる前に、暗殺を狙った荊軻(けいか)が、秦王を暗殺するには、秦王を信用させる為に、貴方の首が必要だ、と、樊於期(はんおき)に頼むと、樊於期は、腕を組み、片肌を脱いで、進み出て、それこそ、私がいつも歯ぎしりをして悔しがっていたことだ!と自ら首をはねました。

 

f:id:KAERUSAN:20170117032925g:plain うわ~、すごいね。すごい覚悟だ。

 

f:id:KAERUSAN:20170115024502g:plain でも、始皇帝は暗殺されてないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170109194019g:plain そうですね。覚悟があってもダメなものはダメと言うことで。

 

f:id:KAERUSAN:20170106223449g:plain でも、それほど樊於期は秦王、政の存在が悔しかったんだね。切歯扼腕、すごく悔しい、って意味だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170106202709g:plain そのとおりです。

 

f:id:KAERUSAN:20170106202709g:plain 出典は「史記」でした。