読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

雲蒸竜変(うんじょうりゅうへん)

f:id:KAERUSAN:20170428011006j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 今回は雲蒸竜変(うんじょうりゅうへん)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 優れた人がチャンスを得て活躍すること、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 雲がわきあがり、竜が自在に動き回るさま、そこから、大活躍の意味が出てきたのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain そうですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain いいね、かっこいい。

 

f:id:KAERUSAN:20170404180917g:plain ただ、この言葉の元になった人物は、一時は活躍し、有名になったが、最後は反逆をしようとして捕まって処刑されました。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain え、そうなの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 普通なら、当時の考え方だと、捕まってしまう前に自決するのが普通なのですが、彼は、生き残りさえすれば、雲蒸竜変しようと思って、生き残ろうとしたのである、という説明で出てくる言葉なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain ありゃ、そうなんだ。かっこいい言葉だからってカッコイイエピソードとは限らないんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain まあ、そうですね、竜って入っているとかっこよい感じしますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 出典は「史記」でした。