かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

一蓮托生(いちれんたくしょう)

f:id:KAERUSAN:20170502133931j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain 今回は一蓮托生(いちれんたくしょう)です。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211440g:plain 運命を共にすることかな。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain そうですね。そのとおりです。もともとは仏教用語です。托生も仏教用語で、託して生きることです。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211440g:plain 託す、は、任せる、とか預ける、でいいのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain 自分でやることを、他者に任せる、なんて言う意味もありますね。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211440g:plain 最近思ったけど、仏教用語は、人や仏様に任せるのが多いから、少しは自分で頑張れよ、って思ってたけど、何でもかんでも思い通りにならないことを受け入れる知恵なのかな、とも思うわ。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain そうかもしれませんね。そして、托生して、極楽で生まれ変わったら、同じ蓮(はす)の花の上に生まれ変わることを「一蓮托生(いちれんたくしょう)」と言います。そこから転じて、にわとりさんが始めに言った、運命を共にする、という意味になりました。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211440g:plain なんか最近だと、悪いことをする時とか、失敗しそうなことをする時に一蓮托生だな、って言うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain そうですね。いいイメージないかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plain 出典はわかりません。