かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

前程万里(ぜんていばんり)

f:id:KAERUSAN:20170912124442j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 今回は前程万里(ぜんていばんり)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 前途が有望で限りなく広がっている、ということ。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172914g:plain おお、じゃあ、いい言葉だから使いやすいね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain そう思うんですが、どこからそうなったか判らないんですが、まだまだ道のりが長いと言うこと、と言う説明もあるんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 先が長くていいね、と言う意味で書いているんだと思うんですが、目的地がすごく遠い、と言っているようにも読めませんか?

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain あー、先がある人の門出を祝福するような言葉なのは確かだけど、意味を知らないで、調べてその説明を読んだら、お前の目的地は遠い、って意味だと思う人もいるかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170608g:plain まあ、間違いなく未来を祝福するような言葉なんですが、そんな言葉他にいくらでもあるから、わざわざ前程万里を使わなくてもいいかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807154808g:plain 言葉って難しいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain まあ、憲法や法律でも解釈を変更して良ければいくらでも変えられますからね。だから前例を重視するわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 出典は「南楚新聞」でした。

 

www.kaerusan01.com