かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

澤風大過(たくふうたいか)三爻

澤風大過 三爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「澤風大過(たくふうたいか)」三爻です。

澤風大過 三爻

 卦辞は「棟撓 利有攸往 亨」むなぎたわむ ゆくところあるによろし とおる。とあります。「山雷頤」でしっかり成長した後だからこそ限界に挑戦します。

 

 そして「澤風大過」は「下卦」が成長を意味する「木」「風」である「巽(そん)」そして「上卦」が「沢」「沼」を意味する「兌(だ)」です、沼の下にある木、ということで沼で腐ってしまわないよう奮起する木なのです。

 

 いや、腐っちゃうでしょ。大変そうだなー。

 

 「山雷頤」で成長していなければ腐ってしまうでしょう。それが「澤風大過」です。

 

 「三爻」は「棟撓 凶」むなぎたわむ きょう。

 

 どういう感じなの?

 

 「三爻」は「陽位」に「陽」で位、正しく、強いイメージです。

 

 

 そして、限界まで努力して生まれ変わるイメージの「上爻」に応じています。

 

 

 なんだか、強い感じで、何とかなりそうだけど、「凶」なんだね。

 

 「三爻」は「下卦」の「巽(そん)」の頂点です、「巽」は「木、風」の意味があります。

 

 「木」は成長のイメージですから、そのイメージで限界に挑む、「三爻」は比していませんから誰も助けてくれないのです、そして「上卦」の「沼、澤」要するに困難に向かいます。(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)

 

 大変で、家が壊れそうだけど、逃げない、そんな「凶」なんだね。

 

 そういうことです。慌てたらすぐに家は壊れてしまいます。

 

 踏ん張れって感じか。

 

 出典は「易経」でした。