かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

地澤臨(ちたくりん)初爻

地澤臨 初爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「地澤臨(ちたくりん)」初爻です。

地澤臨 初爻

 「地澤臨(ちたくりん)」の卦辞は「元亨利貞 至于八月有凶」げんこうりてい はちがつにいたりてきょうあらん。八月は旧暦では収穫の時期であり秋の水害を意味する「臨」は「林」でもあり、「林禍」は洪水水害のことです。これは即ち「感情的なもっと高い所を目指して生まれ変わる、挑戦する」イメージでもあります。

 

 地澤臨は山風蠱の続きでもありますから、ひたすら理想に向かった人が対に形にしようというイメージでもあるのです。

 

 山風蠱は形になるより理想に向かう感じなんだね。

 

 だから「山風蠱」はタロットカードでは準備期間の「剣の王女(従者)」と対応するのです。

 

 初爻は「咸臨 貞吉」かんじてのぞむ ていきち。

 

 どういう感じなの?

 

 「咸臨」は上司と部下が互いに親しみあうことです。「初爻」は「二爻」と比していませんが(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)「上卦」の「四爻」に応じています。

 

 

 なるほど、隣とはつながっていないけど「上卦」とはつながっているんだね。

 

 そして「陽位」に「陽」で位正しく、力強いので、しっかりやることで上に引き立てられるイメージがあります。

 

 ですから、上司や民衆などの意を「咸ずる」ことが大切なのです。

 

 なるほど。

 

 出典は「易経」でした。