かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

山風蠱(さんぷうこ)上爻

山風蠱 上爻

 今回は特別企画「中国文学哲学としての易経三百八十四爻」です。占いではない哲学としての「易経」のお話です。カテゴリーは「易経三百八十四爻」になります。

 

 今回は「山風蠱(さんぷうこ)」上爻です。

山風蠱 上爻

 「山風蠱(さんぷうこ)」の卦辞は「元亨 利渉大川 先甲三日 後甲三日」おおいにとおる たいせんをわたるによろし こうにさきだつことみっか こうにおくれることみっか。思い切ってことを行うべき時であり、行うならば、しっかりと考えて行い、さらに丁寧にケアをしていくイメージを述べています。

 

 それは即ち、現状を変える、ことを意味しています、その現状に対する不満と、簡単に抜け出せないイメージから、悪い年上の女にひっかがる、というイメージもあります。ただ、自分がやるべきことに向かって努力する、風の上に山、という卦ですから、山をどかして風通りを良くする、と考えることも出来ます。「愚公移山」です。

 

 石を一つづつ動かし続ければ山を動かせる、ってやつか。

 

 「上爻」は「不事王侯 高尚其事」おうこうにつかえず そのことをこうしょうとす。

 

 どういう感じなの?

 

 「父」は自分が本当にやりたいこと、でもありますから、偉い人に仕えるのではなく、自分が本当にやりたいこと、使命に仕えよ、という意味もあります。

 

 自分の志に仕えろ、ってことなのか。

 

 「五爻」は「陰位」に「陽」で位、不正、強いイメージです。そして「五爻」に比していますから(隣の爻と陰陽が違う場合、比している、つながっています。)利より、誉れを優先します。

 

 

 そして、「下卦」の「三爻」とは応じていません。

 

 

 とにかく、強く、自分の意思を保つイメージなのかな。

 

 大変なイメージですね、ですから「吉」や「凶」などの評価は書いていません。

 

 もう損得ではないんだね。

 

 出典は「易経」でした。