かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

鼓盆而歌(こぼんじか)

f:id:KAERUSAN:20200716220721j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20200307235526g:plain 今回は鼓盆而歌(こぼんじか)です。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain 人の生死はコントロール出来ないものだからあまり悲しんではいけない、という様な意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234404g:plain そう言われても悲しいよ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194928g:plain わかります、しかし、悲しんでも帰ってくるわけではないですし、

 

f:id:KAERUSAN:20200307194435g:plain 荘子の言うには、命はもともと何も無かったところに生まれてきたことを忘れてはいけない、ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194239g:plain そうなの?

 

f:id:KAERUSAN:20200307195817g:plain ちょっと判らないな。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195917g:plain 人の生き死には、季節が巡るようなものだ、と言っています。まあ、どちらにしても、あらがうことの出来ないものですからね。


f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain なるほどね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307235526g:plain 出典は「荘子」でした。

 

www.kaerusan01.com