かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

広告

小心翼翼(しょうしんよくよく)

f:id:KAERUSAN:20170429153129j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 今回は小心翼翼(しょうしんよくよく)です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 気が小さいこと、そのさま、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain まあ、小心って位だからね。翼翼は?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 慎み深いこと、気が小さいさま、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain その二つは全然意味がちがうじゃない。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 小心翼翼も、元は慎み深い様、でした。しかし、時がたつにつれて気が小さい、と言う意味で使われるようになっていきました。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 小心も同じです。細かいことに気を配る意味があったのですが、そこは薄れて、気が小さい、臆病となっていきました。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 悪い意味だけ残ってるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain そうなってしまいますね。正直良い意味で使っても誤解を受けると損ですから、使わない方が良いでしょう。もう小心って言葉がダメでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain たしかに。国語的に正しくても、相手が誤解したら意味無いもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 出典は「詩経」でした。