かえるさんとにわとりさん「四字熟語」

四字熟語を通して言葉を考えるブログです。かえるさんと、にわとりさんがご案内します。

芳春凱喜(ほうしゅんがいき)

f:id:KAERUSAN:20181224024158j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain 今回は芳春凱喜(ほうしゅんがいき)です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain 新年のご挨拶などに使います。素晴らしい春の訪れにやわらぎ、楽しむ、と言う意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain 芳春(ほうしゅん)って?

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain 春の雅名(がめい)です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain 雅名(がめい)って、風流な呼び名だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain そうです、イギリスを「不実のアルビオン」とか言うやつですね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 不実のどこが風流やねん。アルビオンは、なんかかっこいいけど。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain アルビオンは「白い」と言う意味のラテン語が語源だそうです、ブリテン島(現代のイギリスの大部分)の最も古い名前です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171116g:plain イギリスがあまりにも外交が上手いので、他の国が「不実のアルビオン」と呼んだのが始まりだそうです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 悪口じゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 芳春(ほうしゅん)は、かぐわしい春、って素敵だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain さらに凱喜(がいき)ですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 「凱(がい)」は?

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain 戦いに勝った時の勝ちどき。やわらぐ、たのしむ、なごやか、などと言う意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain 春が来ただけで、和らぎ喜ぶとは、はしゃぎすぎな気もするけど、まあ、おめでたい感じがするね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171116g:plain いや、昔の冬は本当に厳しい季節ですから、今だって寒い地域では雪が積もったりするんですから。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain なるほど、暖房器具が発達していないと考えたら、冬が終わったら嬉しいな。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain そう考えると、春が来るのは心がウキウキするのも判るな。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そうですね。

 

www.kaerusan01.com